LOADING

ブログ BLOG

先月末の日曜日に量子オートハープ奏者のChiemiさんによる単独演奏会を開催しました。暑い中、ご参加いただいたお客様と共に至福の時間を過ごすことができ、初開催の今回のイベントは大好評の内に幕を閉じました。

オートハープとは?

オートハープは、弦楽器の一種であり、主に指で弾くことによって音を出す楽器です。

ハープと聞くと大きく曲線を描いた見た目と、複数の弦を使って両手で優しい音色を奏でる様子を多くの方が想像すると思います。

オートハープは小ぶりで、紐をつければ肩にかけて立った状態で演奏することができます。特徴的な点は、和音を簡単に演奏できることです。

今回の演奏会でもChiemiさんのご好意で、観客の皆様が実際に触れて音を鳴らしていただき、簡単に弾けるものだということを体験していただきました。

オートハープは19世紀にアメリカで発明されました。当初はチャールズ・Z・ジマーマンによって「アメリカン・ゼアターハープ」として特許を取得しましたが、後に「オートハープ」という名前で広く知られるようになりました。

オートハープは、通常、長方形の共鳴箱に多数の弦を持つ形状をしています。

通常、それぞれの弦はダンパーと呼ばれる小さなフェルト製のブロックで覆われており、演奏者が特定のコード(和音)を押さえると、その和音に対応する弦がダンパーから解放されて音が出るようになります。

そのため、一度に複数の音を演奏することができ、和音を簡単に演奏することができます。

オートハープは民俗音楽やフォーク音楽、カントリー音楽などでよく使用されており、独特な音色と豊かな和音によって広く愛されています。初心者からプロまで、幅広い演奏者によって楽しまれています。

奏者のご紹介

今回、オートハープ奏者として素敵な演奏を披露していただいたChiemiさんは、海外の様々な国で公演を行ったり、ヨガ講師としての一面もお持ちです。

非常にマルチに活躍されるChiemiさんの経験があるからこそ、音楽にも深みが生まれ、とても心地の良い気持ちにさせてくれます。

披露曲「あわ唄」

披露していただいた曲の中に「あわ唄」と呼ばれる日本古来から歌い継がれる歌があります。

日本書紀、古事記よりもさらに古い、日本最古の叙事詩・歴史書ともいわれる「ホツマツタヱ」のという古典の記された、48音からなる5・7調の歌です。

日本語の「あ」から始まり「わ」で終わるため、「あわうた」や「あわのうた」と呼ばれています。

このあわ唄を口ずさむと、五臓六腑が活性化し自然治癒力が向上し、チャクラを開かせる効果が期待できます。

具体的には、日本語の5つの母音を正しい発声で響かせることができれば、チャクラに対応する経穴と経絡が開き、気の流れが良くなっていきます。

例えばうの音は、丹田の第二チャクラを響かせるので、腸の働きを活発にし、生命エネルギーを増大します。

いの音は、額(脳下垂体)の第六チャクラを開くので、見えないものを見る力が湧いてきます。

そして、「う」から「い」に昇るにつれて、高い音で発声するとさらによく響くようになります。

甲状腺ホルモンの少ない女性の場合、舌を大きく出してえー音を響かせてください。

疲れやすい人は、丹田にうー音を響かせて生命エネルギーを刺激します。

消化器系の弱い人は、みぞおちに意識を集めて、おー音を響かせてください。循環器系の弱い人は、胸に意識を集めて、あー音を響かせると良いそうです。

歌を歌うだけで、身体の調子まで調うなんて簡単で実践しやすいですよね!

体内の水分と共振する!「倍音プレート」

Chiemiさんのオートハープにはホワイト量子エネルギーを発生させる「倍音プレート」を取り付けています。

これは楽器用に特別に作成されたプレートで、ホワイト量子エネルギーを音が鳴る方向に発生するように取り付けます。

これにより奏でられた音が、細胞にダイレクトに響き渡るような不思議な感覚の音楽を楽しむことができます。

細胞は人それぞれ固有の振動波を発しながら、活動しています。その周波数に共鳴する音を外部から鳴らすことで、身体を構成する物質の中で大部分を占める「水分」を揺らすことができます。

そうすることで、ストレスや化学的な刺激で不自然に乱れてしまった周波数を元に戻すように調整していく効果が期待できます。

ただ音を聴いているだけで過去のトラウマやストレスから解放され、人間本来の喜怒哀楽を取り戻し赤ちゃんのように感情表現が豊かになっていきます。

音がいつもより遠くまで響いたり、心地の良い余韻がいつまでも残ったりと今までと全く異なる感覚を味わうことができます。

さらに、聴く側だけでなく演奏する側のコンディションまでも最も良い状態に整えてくれるので、人前で楽器を演奏する機会の多い方や、日々練習で忙しく疲れが溜まっている身体をなんとかしたいという方も倍音プレートを取り付けた状態での演奏をおすすめします。

ご自身の楽器をお持ちいただいて、取り付け前後の体感を感じていただくことも可能ですので、お気軽にいらしてください。

倍音とは?

小鳥のさえずりや小川のせせらぎと言った自然の発する音は高周波成分が多く含まれており、聴くと脳内にα波が増幅しリラックスした状態になります。

一方、既存の音楽CDの場合、収録の際にこの高周波成分(倍音)が失われてしまうため、脳ではなく「心」が真に満足する音を感じることが難しいのが現状です。

倍音プレートを楽器に取り付ければ、ホワイト量子エネルギーが高周波成分を補い、耳には聞こえない高次の倍音が、聴く人の感性に働きかけて感動を呼び起こします。

耳には聞こえない高い倍音が、音楽に重なり合った場合に、前頭葉のα波と脳幹及び視床下部の血流が増えて、聴く人に幸福感をもたらすという、研究報告もなされています。

高周波の倍音は、私たちの体内に共鳴し体や心の疲れをほぐすだけでなく乱れた体調を整える作用があります。

思考力や集中力を高め、ストレスを減少、自然治癒力は向上し、不眠、うつ症状にも効果的です。

また、崩れた自律神経系及び内分泌系のバランスを整えて、生体内部環境の恒常性を維持できると考えられます。さらに、神経伝達物質の受容体性能向上も望めますので、認知症、うつ病、アルツハイマー病など脳の疾患にも有効であると期待できます。

お問い合わせはTELまたはメールフォームにて

浅草酸素オアシスで開催するイベントや商品に関してご質問のある方は
お電話または、当ウェブサイトのお問い合わせフォームよりメールでご連絡いただくことも可能です。

お電話:090-2114-6098 (代表 山本)
メール:メールフォーム

浅草酸素オアシス